初心者でも安心!作業内容は先輩スタッフがしっかり教えてくれる!

期間工の主な作業内容

日本には交代制のシフト勤務を始め、職種によってそれぞれ働き方が異なります。中でも製造業で多く採用されている働き方が期間工です。期間工とは文字通り予め定められている期間内で労働契約を結ぶ働き方のことを言います。勤務地によって契約期間に違いはありますが、平均1年から2年、最長で3年程度です。作業内容は主に自動車部品のパーツの製造で、ベルトコンベアーによる流れ作業からプレス機などの専門の機械の操作まで役割はいろいろあります。機械の操作というと難しいイメージを持たれがちですが、先輩や上司が分かりやすく技術指導をしてくれるので未経験でも問題ありません。最初は簡単な作業から始めて徐々に難しい作業を覚えていく形になります。

働く上で求められる適性

期間工の仕事は作業内容による違いはあっても、それほど難しいものではありません。全く携わったことがない人でも1ヶ月も経てば即戦力として活躍することはできます。ただし、同じ工程を繰り替えす単純作業が中心となるので、ある程度仕事に慣れてくると気持ちが緩んでしまう人も少なくありません。そのため、期間工は一つのことを粘り強く続けていける忍耐力が必要となります。プレスや溶接といった特殊作業はちょっとしたミスで大きな怪我に繋がることもあるので、集中力も大事な資質の一つです。期間工は大半が会社の寮で生活をする形になりますが、業務中も含めてそれほど人と話をする機会はありません。人付き合いが苦手で黙々と仕事をしたいという人にも向いています。

期間工の転職では、工場内で単純労働を長時間おこなうことになるため、肉体的な疲労には十分注意する必要があります。